忍者ブログ
ゆっくり、のんびり更新。
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


土曜日、ハンバートハンバートのライブ
「鬼のいぬまにべっさっそ」に行ってきました。
場所は、三軒茶屋の世田谷パブリックシアター。
天井の高い劇場でのライブは、ライブハウスとは違った趣で新鮮でした。

舞台には、イラストレーターの黒田清さんによる
リアルなウサギやリス、カエル、バッタなどが
ひょっこり存在していました。
開演前には、「めがね」や「かもめ食堂」のサントラが流れていました。
歌以外のところもいろいろ考えられているのね。

普通にぴあでチケットを買ったのに、
行ってみたら前から2列めでびっくり!
友達も喜んでくれて嬉しかったです。

ハンバートのお二人は、白い衣装を着て登場しました。
1曲めは「枯れ枝」。
秋らしい、ちょっと切ない歌です。

新曲の「私のマサラ」もすごくよかったー。
昭和歌謡みたいな旋律が、ボーカルの佐野遊穂さんの声に合ってました。

場所が劇場だからでしょうか、音楽を聴きにきたのですが
物語を見ているような気分になりました。

今までに何度もハンバートのライブに行きましたが、
毎度毎度違ったココロミで楽しませてくれるお二人は
本当にすごいな、と思います。

アンコールにサザエさんのエンディングソングを歌っている遊穂さん、
潔くって格好よかったです。

3月にはこちらのライブへ行きます。



PR
るきさん

この漫画のことは知らなかったのですが、友達がおすすめしてくれました。
Hanakoで1998~92年に連載されていたものが1冊にまとまっています。
バブル経済が背景にありながら、ぜいたくというより質素に暮らするきさん。
でも質素を楽しんでいるのが面白いです。
るきさんは家で、医者の保険の請求をする仕事をしています。
仕事が速いので、1ヶ月分の仕事を1週間で終わらせてしまうるきさん。
残りの日々は、図書館へ行ったり郵便局で記念切手を買ったり、
ご飯を作ったり、お風呂にのんびり入ったり。
大きな事件が起こるわけでもないけれど、
日常の中で出くわす小さなことを、面白く描いているなあと思いました。
友達のえっちゃんはファッションが好きなOLさんで、
その点ではるきさんとは対照的なんですが、
この二人のやりとりも面白い。
フジテレビとかの深夜枠で、るきさんをドラマ化したらいいと思う!



パンの耳のまるかじり

先日読んだ「ホットドックのまるかじり」から、東海林さだおさんのトリコになってしまいました。今回は、おにぎりの話が面白かったな~。
東海林さんは、おにぎり=きこりの食べ物、というイメージがあるそうです。そういえば山下清もおにぎり食べてたよな。きこりじゃないけど。


リトルプレスの楽しみ

リトルプレスとは、大手の流通を通さずに個人で発行して販売している本のことだそうです。
いずれそんなことができたらなあ、と思っているので、図書館で借りてみました。


タルト 私のとっておき

先日、母の誕生日に、りんごとアプリコットのタルトを焼いてから、
タルト作りをもっと知りたくなりました。
津田陽子さんのレシピは、フランスで学んだだけあって本格的です。
洋書のような美しい写真にも見とれてしまいました。
口内炎が2個できています。
ひとつは上唇の裏。
コーヒーでやけどをしたところが傷になったみたいです。
紙コップのふたにのみ口がついているのありますよね。
あれって熱いのが勢いよく口に入ってくるから、
いつもやけどをしてしまいます。
毎度のことだから、ふたを取って飲めばいいってことは
分かってるのですが。。
何度もやってしまいます。

夕ご飯のハンバーグのソースがしみました。


**

今日は取材で原宿へ。
編み物ユニットのお二人でした。
一人は編む人、もう一人はデザインやディレクションをする人と、
いい具合に役割分担がされていて、とても楽しそうでした。
楽しいの延長にも、楽しいがあるといったかんじ。

取材が終わったあと、zakkaで開催中の、
中島寛子さんの個展を見てきました。

いろいろな色の織物があったけれど、カラフルという言葉は似合わない。
凛とした中島さんの作品、私は大好きです。
ベージュのコートに合う、紫色のマフラーを買いました。

中島さんの色の作品に囲まれていたら、とても幸せな気分になりました。

**

このあいだ、ある人に言われました。
「いつも違う人に会えていいですね」って。
今日、編み物ユニットの2人にお会いして、中島さんの作品を拝見して、その言葉を思い出しました。
この仕事に就かなかったら、会えなかったかもしれない。
もちろん、関わっている(きた)人すべてにいえることかもしれないけれど、
今ぐらいのペースで仕事をするのも悪くないなあ、なんて思いながら
原宿から渋谷へ続く明治通りをのんびり歩きながら帰りました。






今日はとってもいい天気でした。
雲ひとつない青空に、銀杏の黄色がとてもきれいだった。

お昼過ぎ、吉祥寺へ向かいました。
この街に住む友達のうちで、お鍋を囲む会が開かれるため。
お呼ばれした人は、それぞれ手作りのものを持ち寄りました。
今日初めてお会いしたSさんは、かぶのお漬物を持ってこられました。
オリーブオイルで和えたお漬物は、サラダ感覚でおいしかったな。
私は、昨日の夜焼いたココアとクリームチーズのパウンドケーキ。
牛乳を入れなかったので、若干もっさりしてましたが。。。
「おいしい」といわれると本当にうれしいものです。

家主のNさんの作る鮭と豆腐の入ったお鍋をみんなでつつきながら、
14時すぎからビールで乾杯!
明るいうちからのビールはさわやかで最高です。

会が始まったころは外は明るかったのに、
17時のチャイムがなると、もう真っ暗。
時間があっという間に過ぎるほど、楽しいひとときでした。

明日から12月。
今年もあと1ヶ月なんて早いなあ。

手帳買わなくちゃ。


3連休は映画を2本見に行きました。

ひとつは、矢口史靖監督の「ハッピーフライト」。
矢口作品は、ウォーターボーイズ、スウィングガールズと見てきたので、
これで3本目。

期待していた以上に面白かったです。

CMで見る限り、お笑い部分が多いのかと思いきや、
航空業界のことが素人でもわかるように、ていねいに凝縮されていて、
ドキュメンタリーといっても過言ではない気がします。
前日の朝日新聞のインタビュー記事で、矢口監督が
「取り終えてANAの方に見てもらったら、すごく感謝されました」
と言っていた意味が分かりました。

そして、配役一人ひとりをオーディションで選んだというだけあって、
どの役にも個性があって、役者さんすべてが主役みたいに思えました。

さらに、本当に飛行機に乗っているようなハラハラ感!
私は飛行機が大好きなので、こうやって乗客の命って
守られているんだなあ~と、真面目に思ってしまいました。

飛行機にまつわる仕事はいろいろあります。
キャビンアテンダントや操縦士などが有名なところですが、
「バードさん」と呼ばれる仕事があるのを知っていますか?
離陸する際に、かもめや鳩が機体に群がってきてしまうのですが、
ときにはジェットエンジンに鳥が巻き込まれて、
エンジントラブルになりかねません。
それを回避するために、「バードさん」が威嚇のための空砲をならすのです。

今回はこの「バードさん」の仕事がキーワードになっている気がします。
ちなみに演じているのはベンガルさんです。



もう一本の映画の話は、また次回☆


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
chiezou
性別:
女性
職業:
フリーライター
趣味:
音楽、読書、運動
自己紹介:
東京・武蔵野市出身。
横浜市在住。
編集者を経てフリーライターをしています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © あさがお手帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]